物件の売却をお考えの方、まずは物件の査定をさせて頂きます。現在の価格を知りたいだけ、という方もお気軽にお問い合わせください。
査定依頼フォームへ

弊社の販売活動

エダ住宅では本サイトはもちろん、スーモ、アットホーム、ホームズ、ヤフー不動産などのポータルサイトや、Twitter、インスタグラムなどのSNSなど、幅広く販売活動を行っております。

また、本サイトでは、すぐに物件まで足を運ぶのが困難なお客様の為にも物件の中を歩いているように見ることができるバーチャルツアーも掲載しております。より分かりやすく、お客様に物件のよさを伝え、より早く買い主様をお探しいたします。→バーチャルツアー一覧

はじめて不動産売却をお考えの方へ

はじめて不動産売却をされる際はどのような流れで進むのか分からず、知識がないまま不動産売却を進めることに対して不安になることもあるかと思います。まずは不動産売却の流れをわかりやすく解説していきます。

不動産売却の流れ

STEP1 査定依頼
まずはご入力いただいた情報を元にお客様の物件を査定いたします。
査定依頼フォーム」に必要項目にご入力いただき送信してください。後日査定結果をメールまたはお電話にてご連絡いたします。
STEP2 売却依頼
売却依頼をする際は、売却したい金額、残債の有無とその額、いつまでに売却したいのかの希望、物件の状態、売却理由などを整理しておきましょう。
それによってどのように売却するかという方針をご一緒に決めていきます。
STEP3 関係書類のご提出
関連書類は、その売却する物件を購入した際の重要事項説明書、売買契約書、建築した時の設計図書、建築確認書類、入居者との賃貸借契約書などです。
仲介手続きに必要なだけでなく、買い主に物件をアピールするために必要です。
STEP4 媒介契約
媒介契約とは、売却が成立したときの不動産会社が受け取る報酬額や売却活動の方針を取り決める契約です。

媒介契約を結ぶときは、改めて査定価格に関する説明を受けた後、周辺の相場情報や売主の要望を基に市場に売り出す価格を決めます。

また、媒介契約には「一般媒介」「専任媒介」「専任専属媒介」の3種類があり、それぞれの特徴を鑑みて決めるとよいでしょう。時間をかけて納得する価格で売りたい場合は複数の不動産会社と契約が出来る「一般媒介契約」、早期に確実に買い手を見つけたい場合は「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」を結ぶといいでしょう。
STEP5 販売活動
不動産会社が広告を掲載して、購入希望者からの問い合わせが来るのを待ちます。問い合わせが来たら、原則購入希望者が直接不動産を訪れる「内覧」が行われます。

また、専属専任媒介契約、もしくは専任媒介契約を結んだ場合、不動産会社は定期的に売主へ活動報告を行う義務があります。
メール・電話・手紙、訪問…何らかの方法で不動産会社から連絡が来るため、売りに出した反響がどの程度あったかを知ることができます。

エダ住宅ではSUUMO(スーモ)、at home(アットホーム)、HOME’S(ホームズ)などの大手ポータルサイトへも多数掲載し、自社サイト(このホームページ)ではバーチャルツアーも取り入れ、より詳しく物件の魅力を伝えられるよう努力しております。
STEP6 売買契約締結
内覧を経て購入希望者の購入意思が固まったら、売却価格や売却条件の交渉が行われます。交渉の末、売主・買主双方の合意のもと売買契約を結んだら、売却活動は終了です。
通常、売買契約は、売主・売主側仲介業者・買い主・買い主側仲介業者の四者が、売主側仲介業者のオフィスにて一堂に会し行います。
どうしても売主と買い主の都合がつかないときには、手付金の支払い方法や手付金領収書の受け渡し方法など重要事項を事前に決めた上で、署名捺印を別日に行うこともございます。

STEP7 抵当権抹消依頼
物件にまだ銀行のローンが残っている場合は、決済の前に抵当権の抹消をします。金融機関に連絡すると、抵当権抹消書類の準備をしてくれます。
書類の準備にどのくらいの日数が必要か金融機関に確認し、不動産会社と決済日程を調整しましょう。通常は、2週間~1か月程度かかります。

また、決済当日には、司法書士が抵当権抹消書類を金融機関にて受け取り登記を行います。
STEP8 決済・引渡し
売買契約のなかで定めた日時で決済と引渡しが行われます。売却価格分の代金を買主から受け取るだけでなく、売主の住宅ローンが残っている場合は融資先の金融機関との間で同時に返済を行います。
売主・買主・不動産会社・金融機関の担当者を交えて決済が完了したら、同日のうちに不動産の現地に赴き不動産の引渡しが行われます。