移住住みかえ支援機構バナー

エダ住宅はハウジングライフプランナー(移住・住みかえ支援機構)の資格取得者が、お客様の移住・住みかえの支援を致します。

移住・住みかえ支援機構とは

black handled key on key hole

移住住みかえ支援機構(JTI)とは、国が支援している機構で不要になった不動産の運用を専門としています。例えば家を所有しているにもかかわらず居住していない、もしくは何らかの理由で転移しなければいけなくなった場合に持ち家を活用する方法を提供しています。不動産の価値は耐用年数などの理由から年々下がっていくため、売却だと購入費用を上回ることはありません。

しかし、移住住みかえ支援を利用すれば使わなくなった家を賃貸化できるので、費用を回収できる可能性が高くなります。

住まない家を活用する

転勤や住み替え、相続などで、しばらく住む予定のない家。メンテナンスにお金も手間もかかるけど、売るのはもったいない。かといって、貸すのも手続きや考えることが多そうだし・・・。

そんなお悩みはないですか?
その悩み、【マイホーム借上げ制度】で解決します。

空室時にも家賃の入る“マイホーム借上げ制度”

空き家となっている皆さまのマイホームを借上げ、住宅が賃貸可能な状態である限りは終身にわたってマイホームをお預かりします。契約中は、空室中でも賃料をお支払いするので、安定した収入に。国の基金が設定された、安心・安全の制度です。

マイホーム借上げ制度のメリット

1.空き室時でも毎月、賃料を受け取ることができます

1人目の入居者が決定以降は、空室が発生しても規定の賃料をお支払いします。
住宅が賃貸可能な状態である限り借上げは継続しますので、安定した賃料収入が
見込めます。

2.入居者トラブルは、皆さまにかわってJTIが対応します

JTIが借上げて転貸するので、一般の賃貸のように家のオーナーが入居者と直接関わることはありません。家賃の未払いなど、入居者とのトラブルの心配は無用です。

3.運営には国の基金が設定されています

JTIの事業は、協賛企業等からの基金や転貸賃料と支払賃料との差額から生まれる収益により独立採算で運営しますが、万が一の場合に備え、国の予算において、(一財)高齢者住宅財団に債務保証基金が設定されており、JTIは基金の登録事業者になっています。

4.賃貸に出すのは、事前に設定した期間のみ

定期借家契約を利用しているため、入居者の居座りや、立ち退き料の請求はありません。
定期借家契約が終了したあとは、マイホームに戻ることが可能です。

制度のご利用には制限がございます

制度を利用するには、年齢や家の条件などがございます。
詳しくは「移住・住みかえ支援機構(JTI)」のホームページをご覧いただくか、弊社までお気軽にお問い合わせください。

エダ住宅へのお問い合わせはこちらから