フルフラットキッチンとは⁉

フルフラットキッチンとは、シンクや調理台・キッチンカウンターがすべてフラットなタイプのキッチンを指します。

またはオープンキッチンとも呼ばれます。

フルフラットキッチンは、キッチンとダイニングの間に壁がなくオープンなキッチンになるため、見た目もおしゃれで開放感のあるキッチンを作ることができます。

オープンキッチンは、アイランドキッチンだけを指すのではなく、ダイニングとの区切りがないキッチンであれば他のタイプでもオープンキッチンと言います。

フルフラットキッチンのメリット

1. 開放感がある

広いLDK空間をさらに広くて開放感があるレイアウトにしてくれるます。

2. 掃除が楽

フルフラットキッチンは壁がないため、ワークトップを拭くだけというお手軽さで掃除がとっても楽です。

3. 見た目がおしゃれ

フルフラットキッチンはこだわりのインテリアでおしゃれな点を優先して決めると理想のキッチンスタイルが叶います。

フルフラットキッチンのデメリット

1. 片づけが苦手だと生活感がでてしまう。

生活感のあるもの(ラップ・ホイル)引き出しや棚に入れて見せない収納
(布巾・洗剤・スポンジなど)色を揃えて見せる収納にするとよいそうです。

2. フラットな面に物を置いてしまう

フルフラットキッチンには物が置きやすいので、いつの間にか常に物を置いてある事になりやすい。

3. 水はねや調理汚れの跳ねが気になる。

調理中の水はねや油跳ねは仕方がないもの、対処法としては
シンクも広いサイズを選べば、ほぼ水はねの心配は不要ですが調理中の飛び跳ねが気になる場合は、コンロ前に透明の飛び跳ねガードの対策が必要です。

4.調理中の匂い

多少の匂いはダイニングやリビングにも広がります。
対処法として、調理中は必ずレンジフードを回しましょう。
最新のレンジフード油煙を給排気してお部屋への広がりを防いでくれる機能がついているものもあります。

いかがでしょうか。
自分自身が現在迷っている為メリット・デメリットを調べてみましたが片付け上手ではないのでかなり悩みます。
キッチンリフォームなどを考え中の方に少しでも参考なればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA